狂戦士ムササビ

持たざるものの因果律への反撃

#0172 ギャルをゲットした日

オレが学生時代の頃、


コギャル」だとか「ガングロ」だとか「アムラー」だとかそういったタイプのギャルが横行していた。

 

非モテ真っ盛りのオレはそういった人種との接点はほとんどなかった。

バイト先にギャルっぽいのがいたことはあったが、向こうからたまにいじってきてオレは愛想笑いをして返すくらいがせいぜいの絡みだったろうか。

オレもギャルに興味がなかったし、向こうは当然オレのことなど眼中になかっただろう。

オレとギャルは平行線のようにずっと絡むことはないんだろうなと思っていた。

でも、ホントは、オレの方はギャルに決して興味がなかったわけじゃなかったんだと思う。

ギャルもののAVは嫌いではなくたまに見ていたし、風俗でギャルっぽい子を指名することもあった。

ただ、本能と直結したような彼女たちのダイレクトな言動を単に怖がっていただけなんだと思う。

だからといってすごい好きなわけではないが、男として彼女たちを支配できたらという欲望は心の奥底にあったんだと思う。

 

 

 

f:id:musasabiz:20170722110644j:plain

 

f:id:musasabiz:20170722110615j:plain

 


それから時が経ち、ストリートナンパを覚えた。

しかし、やはり、ゴリゴリのギャルに対しては、勢いがあるときを除いては、勇気が出ずに声をかけることができなかった。

たまに運良く連れ出すことができても、ほとんど男女の空気にはならずに放流という結果になった。

 


さて、今年の某日。

相方の花京院と久々にコリドーに出撃。

結果が出ずに帰ろうとして新橋へ向かうと。

ギャル2人組を発見。

本能的に声をかけるとオープン、連れ出しが決まった。

ちなみに、コリドーではOLがほとんどで、JDしかもギャルという人種は珍しい。


連れ出し先では、オレのトークは湿りがちだったが、ギャル好きを自認する花京院のイジりトークが珍しく(失礼)炸裂して場を盛り上げる。

終電も迫っていたので、Lゲした後放流した。


翌日、これは下手したら花京院に両方持っていかれつながらないだろうなと思いつつ、2人に連絡するとどちらも好反応。

そして、この頃LINEの手法を大幅に見直したのだが、それが当たったのか、特に花京院担当のギャルとかなりLINEで盛り上がることができた。

トントン拍子でアポまで成立してしまった。

花京院担当の子とはほとんど喋らなかったというのに・・・。

ちなみに、なぜかトークがバッチリ決まっていたと思われる花京院の方は両方ともすぐに死番化してしまったようだ。

花京院のLINEは適当なのでその辺の差が出たのか、あるいは別の要素なのか、何が結果につながるか分からないところがナンパの面白いところである。

 


アポ当日。


彼女が現れる。


驚いた!!


就活のインターンがあったから髪を黒くしたといってたのに、連れ出した時よりギャル化が進行している・・・ゴリゴリのギャルがそこにいた!w

 


【お相手:あやこ】

f:id:musasabiz:20170722111319j:plain

外見  :スト7 カトパン中川翔子を足して2で割った感じ
年齢  :21歳
職業  :JD
系統  :ゴリゴリのギャル
性格  :???

 

 

正直内心ビビっていた・・・。

 

 

f:id:musasabiz:20170722111727j:plain

 

 


オレは深呼吸して心の中でつぶやく。

 


恐れなくていい、大丈夫。いつもどおりやるだけ・・・

 


女性を魅了する何よりの鉄則は、AFC的言動を見せないことであると考える。

スト高の彼女と時を過ごすうちに、どんな相手だろうと表面上は平静を装うことができるようなったのが、ナンパ師として成長したところだ。

ゴリゴリのギャルだからといって特別に意識することなく店まで誘導した。

周囲からは完全にキャバ嬢の同伴だと思われていたことだろうw

 

店内にて。

いつもどおりトークを行う。

彼女の方は・・・

就活中だからなのか?

ギャル的な本能と直結したようなダイレクトな言動は目立たず、終始敬語であった。

会話のキャッチボールができる子でトークはすごく盛り上がった。

しかし、恋愛トークに持ち込もうとしても、何も話してくれない。

 

なぜだ?

 


1時間~1時間半で店を出る。

かなり話は盛り上がったが、恋愛トークはできていない。

食い付きが全く分からない。

どうするか迷ったが、、、いつもどおりの行動を選択した。

 


「後、1時間くらい大丈夫だよね?」

 


「友達からシャンパンもらったんだよね。よかったら飲みに行かない?」

 


「タクシーで乗っていけばそんなにかからない場所にあるんだよね」

 


宅飲みということを伏せたまま、タイムコンストレイントメソッドを用いて、シャンパンという言い訳を与えてあげた。


彼女は宅飲みということを理解していたかどうかは不明だが、了承してくれた。

 


タクシー乗車。

この時間はいつも必死である。

会話が途切れないように、楽しい空気が壊れないようにトークを続ける。


自宅前へ着く。

彼女の態度が少しだけ強張ったように感じたが、オレはそれに気付かないふりをしてトークを続けながら自宅へ誘導する。

 


自宅ではいつもの昔話ルーティンを使いつつ、ボードゲームで遊んだ。

ボードゲームはオススメである。

会話を考えなくてもいい上に盛り上がるからだ。

 


ほどなくしてゲームも終わる・・・さてどうするか。

彼女の食い付きが見えない。


とはいえ、これ以上の時間ロスは逆にリスクが高まる。

ギラつきを開始することを決意。

 


ギラつきはじめると、彼女はグダった。

そして、言動がギャルチックに徐々に変わり始める。

 いつの間にか敬語ではなくタメ口に変わっていった。

 

ついに彼女の中のギャル がオレに牙を向きはじめたのか。

 

ギャルがビビっていた学生時代の頃の記憶が頭の中によぎる・・・。

 

 

 

f:id:musasabiz:20170722111957j:plain

 

 

こえーよ!!

 

やっぱり、オレがギャルなんてダメなんだ・・・

 

ささっと謝って放流しかねえべさ・・・ 

 

 

 

・・・いや待てよ

 

ガチでダメな場合はすぐに帰るというはずだ・・・


今ここに彼女がいるということは・・・・つまり・・・


女性の言動に惑わされてはダメだ・・・

 

 


オレは表面上、何とか余裕感は保ったままにした。

彼女のグダを子どもをあやすようにいなしつつ、ギラつきの度合いを深めていった。

 

 

f:id:musasabiz:20170722112529j:plain

 

 

 

そして、CT(クリタッチ)を始めると彼女はメスとしての喘ぎ声を出す。

 

すぐに彼女のダムは決壊し洪水状態となる。

勝利を核心した瞬間であった。

 

 

f:id:musasabiz:20170722112553j:plain

 

 


即!!

 

 


ゴリゴリのギャルをゲットした・・・とてつもない達成感であった。

男としての自信がものすごくついた。

 

 

 


 

f:id:musasabiz:20170610214621j:plain

  


 

ギャルと自分とは違う人種・・・?

ギャルになんか興味ない・・・?

違うだろう、そうやって線引することで自分の小さなプライドを守りたいんだろうが。

素直に認めよう。

男は皆ギャル好きである。

ギャル打倒こそまさに男子の本懐である!!

 

 

 

 

f:id:musasabiz:20170722113036j:plain

f:id:musasabiz:20170722113051j:plain

f:id:musasabiz:20170722113102j:plain

 

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

#0171 等価交換がこの世の大原則だ!

 

 

なぜ、彼は変わらないのか。

 

 

先日、幼馴染の友人と会った。


クセは強いが、憎めないいいヤツだ。

親分肌で男からは人望がある。

仕事もできる。


しかし、彼はずっと彼女ができていない。

 


理由は明白だ。


見た目・・・太っている、服装がダサい、清潔感がない

女性への接し方・・・上から目線の自分語りが多い

女性の選り好みが激しい

恋愛に関しては主体的に行動しない

 


以前は暗に、最近はかなりダイレクトに改善するように忠告しているのだが、彼は変わろうとする気配はない。


彼だけではない。

願望や不満はあっても変わろうとしない人間は多い。

 

 

なぜ、彼らは変わらないのか。


その理由は「変わるのが怖いから」・・・いやより核心に迫るのであれば「失いたくないから」であるとオレは考える。

 

 

「失いたくないから」とはどういうことか?

  

最近、切実に感じるのは等価交換がこの世の大原則であるということだ。


何かを得ようとするなら、何かを差し出さなければいけない。

  

友人と同じく全く非モテだったオレだが、昨年モデル業もこなす彼女ができたし、2~3ヶ月に1人くらい新規の若い女子をゲットできるようになった。

 

そんなオレはモテるために「がんばってきた」わけだが、「がんばってきた」というのを見方を変えると「いろいろなものを差し出してきた」とも言える。

 

例えば、友人たちとの飲み会、テレビや映画を見る時間、ボーっとする時間。

これらはとても楽しい時間であったが、それらを削ることによってナンパ活動そのものやそれに付随する活動の時間を捻出することができた。

 

直近ではオナニーもやめた。


オレにとってはオナニーは何物にも代えがたい至高の時間であった。


オナニーによる快楽を手放したことにより、モテはもちろんのこと、仕事など人生全体へのプラスの影響を手にすることができた。

 

大切にしていたものを次々と生贄として捧げることによって、オレはどにうか人並みにモテるようになることができたのだ。

 

 

変わることができない人というのは、逆に今大切にしているものを何一つ失いたくないのではなかろうか。

 

そして、それは何一つ新しいものを得ることができないことを意味する。

 

 

 


 

f:id:musasabiz:20170610214621j:plain

  


 

 

何かを得ようとするなら何かを差し出すしかない。

非モテが何も失わずにモテようとするなど傲慢である。

 

モテたければ今の自分が最も大切にしている時間・・・

 

サバゲーやオーディオの趣味を封印してみないか・・・ 

 

我が友よ。

 

 

 

f:id:musasabiz:20170717105339j:plain

 

f:id:musasabiz:20170717105351j:plain

 

f:id:musasabiz:20170717105408j:plain

 


追伸:
転職活動やめました。
詳細は機会があれば語りますが、会社内でのマウンティングを諦めることによって金と時間を得るという戦略です。
これも等価交換の1つです。

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

#0170 「天才」と「持たざるもの」

オリンピック100m決勝は黒人だらけだ。

人間は生まれつき平等ではない。

決して超えられない壁が存在する。

 

f:id:musasabiz:20170610133819j:plain

 

f:id:musasabiz:20170610133718j:plain

 

 

f:id:musasabiz:20170610133745j:plain

 

f:id:musasabiz:20170610133800j:plain

 

 


ナンパの世界においても同様である。

同じ時期にナンパの世界に飛び込んだ2人。

1人は最初の1ヶ月目から次々とゲットを量産し、数カ月後にはナンパクラスタにおいて神扱いされる。

1人は1年やっても鳴かず飛ばずでいつしかナンパの世界から遠ざかっていく。

 

両者の違いはルックスによるものなのか、コミュニケーション能力によるものなのか、メンタリティによるものなのか。

 

「天才」「持たざるもの」

 

そこには厳然たる才能の差というものが存在する。

 


オレは「持たざるもの」だ。

数年ナンパに取り組んできたが、ラッキーパンチでスト高の彼女をゲットすることはできたのが唯一の戦果で、それ以外は燦々たる結果しか残せていない。

ツイッターのナンパクラスに次々と現れる「天才」たちの即報を見るたびに嫉妬や劣等感の嵐の渦に苛まれる。

 


なんで、あいつばかり・・・


なんで、オレは結果が出ないのか・・・

 

 

ナンパは競技ではないのだから、楽しくやればいいじゃないか。

あるいは、比べるべくは他人ではなく過去の自分であるという考えがある。

 

そういう心持ちになろうとした。

結果が出なくても楽しかったからよかったと自分を納得させる日々。

 

しかし、本当は納得なんかしていなかった。

楽しいなんて思えるはずがなかった。

 

 

 

オレもあの「天才」たちのように女子を魅了したい・・・!!

 

それこそが自分の本当の思いなのだから。 

 

 

 

f:id:musasabiz:20170610134132j:plain

 

 

 

 

 

 


 

f:id:musasabiz:20170610214621j:plain

  


 

「持たざるもの」が「天才」の背中を追い続けることは、その絶望的なまでの差を思い知ることである。

現実から目を背けてはならない。

それでも前を進むというのなら、圧倒的な覚悟が必要だ。

 

 

f:id:musasabiz:20170610134153j:plain

※ジャンプ漫画「アイシールド21」より

王城学園の桜庭は容姿端麗のお坊ちゃまで全てを持ち合わせているかのように見えたが、自分の好きなアメリカンフットボールの才能は持っていなかった。

一方、同時期にアメフトを始めた同学年の進は日本史上最強のラインバッカーと呼ばれる天才であった。

桜庭は進との才能差に絶望しつつも、全てを捨てて進を勝つことを決意する。 

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

#0169 ついに地蔵を完全克服する方法を見つけたったったwww

ストリートナンパしようとする際に、ほぼ100%の人に必ず立ちはだかる壁・・・それが「地蔵」である。

 

「地蔵」とは、声かけの恐怖から石でできたお地蔵さんのように、その場から動けなくなってしまう状態を指す。

かくいうオレもナンパの世界を知ってから実際に声かけできるまでに2年くらいかかってしまった(かかりすぎww)。


地蔵を克服する確実な方法は、これまで声かけの経験を数多く積むこと以外には提唱されていない。

声かけできないのに声かけの経験を積むというのは逆説的ではあるが、地蔵を一時的に回避する方法があるので、まずはそれで声かけ童貞を捨ててしまうことで経験を積むことが可能だ。

地蔵を一時的に回避する方法というのはナンパ仲間との合流や酔拳(お酒を飲んで酩酊状態になること)である。

 

ただ、地蔵というのものは克服できたように思えても、ブランクができたり、あるいはメンタルが落ち着かないときには、またひょっこりとその姿を現す。 

または、ターゲット(例 ギャルやスト高)や苦手なシチュエーション(例 立ち止まっている子)によっては、やっぱり地蔵してしまうということもあるだろう。

 

ある凄腕ナンパ師は正直に語ってくれた、「オレだっていまだに地蔵するときがあるよ」と。

 

地蔵というものは完全に克服することが難しい、ナンパ師にとって常に付きまとう課題なのである。

 

 

ところで、ナンパ師はなぜ地蔵するのか?

 

ジェイフェランという生物学者が人類が先史時代、部族単位で生活してた頃のなんちゃらと語っていたらしいが・・・、ひとまず生物学的アプローチは置いておく。

単純に考えれば、女子にキツイ反応をされて心が傷つく、周囲から白い目で見られて心が傷つく、彼氏やキャッチなどに絡まれたりして身の危険に晒されるといったことへの恐怖によるものだろう。


さらにオレは声かけの恐怖というものを時間軸によって分類できることに気付いた。 

これから声かけすることによって発生する可能性のあるリスクを予期して生じる"未来”の恐怖。

過去に実際声かけしてよからぬことを体験した記憶が蘇ったことによって生じる"過去”の恐怖。

 

当たり前だが、“現在(いま)”の恐怖というものはない。

 

“現在(いま)”の恐怖というものを定義するならば、実際に声かけしたときに生じるものとなるため、声かけしない状態の地蔵では“現在(いま)”の恐怖は成立しない。

 

このことをあらためて考えてみると面白い。

地蔵というのは “現在(いま)”まさに体感している恐怖によるものではない、"未来”と"過去”の恐怖を想像することによって引き起こされるのだ。

 

ここまで考えを進めてみると、地蔵を克服するための大きなヒントが見えてこないだろうか。

 

極端に言ってしまえば、地蔵とは心が “未来”と“過去”へ彷徨っているため状態だ。

そうであるならば、心を“現在(いま)”に留めておければ地蔵になるはずがないではないか。

 

「心を“現在(いま)”に留めておくとかワケの分からないみたいなこといいやがって」と思った方もいるかもしれないが、別に言葉遊びをしているわけではない。

「心を“現在(いま)”に留める」方法というものは現実に存在する。

 

「マインドフルネス」である。

 

「マインドフルネス」については日本でも大分認知されてきたが、欧米では科学的にその有効性が実証され大流行している。

あのスティーブ・ジョブスも実践していたし、Googleなどの大企業なども導入している。

「マインドフルネス」には様々な手法があるが、日本においては昔から宗教家などを中心に行われている瞑想が最も馴染み深いものだろう。

 

「マインドフルネス」は一朝一夕に身につくものではないし、上級者でも心を“現在(いま)”にずっと留めておくのはかなり難しいようだ。

とはいえ、「マインドフルネス」を実践し続けることは、地蔵を完全克服するための突破口になりうると考える。

(あくまで突破口です。本エントリのタイトルは言いすぎてます、さーせんwww)

 

実際に、オレは「マインドフルネス」を実践するようになって、声かけの心理的負担が大分軽減されるようになった。

例えば、先日渋谷で女の子に声かけたら、ちょうどそのときに前方から怖そうな彼氏がやってきて鉢合わせになってしまったことがあった。

オレはすぐさま彼氏に謝ってすぐその場を去った。

 

以前のオレならしばらくは直前に体験した恐怖の記憶により声かけができくなっていただろう。

しかし、今のオレは「マインドフルネス」を実践することにより心が“現在(いま)”に集中しているので、30秒後には普通に声かけを再開していた。


「マインドフルネス」はナンパだけでなく人生を豊かにさせるツールになるので、少しでも興味があれば実践してもらいたい。


最後に「マインドフルネス」を実践する上で参考となるおすすめ書籍を2冊紹介しておく。

 

 

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

 

#0168 トレンドにはおとなしく乗っかっとけ!

オレはとりあえずトレンドには乗っかる方である。

ファッションでも流行のアイテムは取り入れるようにしている。

カラオケでも、おっさんなのに星野源の「恋」やRADWIMPSの「前前前世」などをマスターしている(ただのカラオケ好きという話もある・・・w)。

 

トレンドに乗っからず、ファッションもカラオケでも独自路線を貫いてしまうと,
よほどのセンスで限りは、若い子からは「ダサい人」、「古い人」と片付けられてしまうだろう。

トレンドの力は強大で抗うのは厳しいのである。


株式投資においても「トレンド」という言葉があり、同様にその力は株式相場を支配する強大なのものである。

 

株式投資における「トレンド」とは株式相場の方向性や傾向を指し示すものである。

値上がりが続いているようであれば「上昇トレンド」、値下がりが続いているようであれば「下降トレンド」、値上がりしたり値下がりしているようであれば「横ばい」というトレンド判定になる。

トレンド判定は長期的or短期的、あるいは市場全体or個別銘柄といった切り口によって変わる。

例えば、長期的にみて上昇トレンドにあっても、短期的に下降トレンドということはあり得るし、日経平均全体が上昇トレンドにあっても、トヨタという個別銘柄は下降トレンドにあるということもあり得る。

 

トレンドが一定方向に未来永劫続くということはなく、あるタイミングで上昇トレンドに入り、あるタイミングで下降トレンドに入るといったサイクルがある。

株式投資を波乗りに例えることがあるは、それはトレンドのサイクルを波に例えて上手く乗りこなすことが株式投資で利益を出すための基本的な原則だからだ。

 

前回のエントリで触れたオレが資産を10分の1近くまで減らすことになった大きな要因はトレンドを無視したトレードを行ったことにある。

ファンダメンタルズ分析だろうと、テクニカル分析だろうと、トレンドだけは決して無視してはならないのだ。

ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援お願いしますm(_ _)m

株式ランキング