読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAKE DRAGON

金と女と人生を語ります

#0159 絶賛!オナ禁中!!

オナ禁を決意してからこのブログを書いた日まで2週間ちょっと
 
宣言通り、ムササビはオナニーをしていない。
 
ただし、セックスの方は彼女と2回ほどしている。
 
射精していない日数だけをピックアップすると、5日6日3日(継続中)となる。
 
7日のヤマを超えていないので偉そうなことは言えないが、、、
 
今のところ言えるのはオナ禁はさほど想像していたよりもツライものではなく、メリットしか感じられない。
 
もはや、オナニーをしようとは思っていない。
 
 
最初に4日目に入ったときが一番キツかった。
 
ムササビがオナ禁4日以上するのは過去片手に余り、外部要素ではなくて意識的にしなかったのは1回だけだ。
 
過去の経験上、体内のバイオリズム的にも3日目が1番性欲が高まり、1番気持ちよくオナニーができる(それ以上空けると気持ちよさが薄れる)。
 
その日の夜も性欲が最高潮に達し、脳内にあたかも性欲の大軍勢が一挙に押し寄せてきているかのようだった。
 
 

f:id:musasabiz:20170327222015j:plain

 
 
一瞬たりとも気が抜けない。
 
オレは、性欲を静めるために、無意識に呼吸を長めに吐き、精神統一を図った。
 
そうすることによってオレの脳内の靄が晴れて、精神が研ぎ澄まれていくのを感じつつあった。
 
そして、3日目の夜を乗り越え、4日目の朝を迎えると、
 
性欲が霧散し何物にも負けないという無敵感とともに気力が体内に充実しているのを感じた。
 

f:id:musasabiz:20170327222100j:plain

 
 
ここ数年、どんな成功を体験しても、どんな素晴らしい本を読んだ後でも、こんなに気分が良くなることはなかった。
 
オレはオナ禁によるある種の快楽を知ってしまった。
 
もはや、オナニーの快楽などどうでも良くなってしまった。
 
 
とはいえ、それからも少しでも気を抜けばオナニーの誘惑は襲いかかる。
 
 

f:id:musasabiz:20170327222120j:plain

 
 
しかし、呼吸を長めに吐き精神統一を図り、脳内をエロ脳状態から切り替えることで誘惑を抑えることができている。
 
 

f:id:musasabiz:20170327222139j:plain

 
 
さて、次回エントリではオレが現時点で感じているオナ禁のメリットを述べたい。
 
 

#0158 さらば、愛しきオナニーよ

ムササビにとってオナニーに興じているときは何物にも代えがたい至高の時間であった。
 
仕事や自己鍛錬をがんばるのはその時間があるからといっても過言ではない。
 
 
だからといって毎日するわけではない。
 
というか毎日していたら気持ちよさが薄れてしまう。
 
ムササビがオナニーに臨むとき、入念な準備を行った上で神聖な心持ちで臨む。
 
心が何かに囚われてしまうと、やはり気持ちよさが薄れるからだ。
 
全ては最高のオナニーライフのために・・・!!
 
 
ムササビがオカズとして利用していたのはエ◯動画である。
 
エ◯動画を3テラ近くのハードディスクに溜め込んでいる。
 

f:id:musasabiz:20170327221437j:plain

 
 
といっても別にそれを半永久的に保存するわけではない。
 
エ◯動画は消耗品である。
 
どんなに良い動画でも何度も見れば必ず飽きが来る。
 
ハードディスクの中身は日々少しずつ新しいものに入れ替わっていく仕組みになっている。
 
人間の血液同様、数ヶ月もすれば全て新しいものとなる。
 
ムササビは苦心して半自動の仕組を構築した。
 
全ては最高のオナニーライフのために・・・!!
 
 
 
 
それほど愛したオナニーライフをムササビは捨て去る決意を固めたのはあるブログがきっかけだった。。。
 

これからの「カネと女」の話をしよう。

 
オナ禁」についてのサウザー氏による推奨記事である。
 
オナ禁とはオナニーを禁ずることによって心身に良い影響を与えようとする活動である。
 
このブログを読む以前から、オナ禁についてはある程度個人ブログ等を中心に情報を入手していた。
 
オナ禁超サイヤ人化して「彼女できた」、「仕事が上手くいった」といったような夢のような成果が強調されており、昔の雑誌のカバー裏の開運グッズの広告のように胡散臭さばかりが目についた。
 
言ったもん勝ちであるネットの世界でそういった記事だけでは心が動かなかった。
 
 
しかし、サウザー氏は恋愛工学の世界の大物で、思想は大分偏っているがw、リアリストである。
 
この人が言うならと心が一気に傾いた。
 
 
心は傾いたものの、愛しのオナニーライフを捨て去るにはもうひと押し必要であった。
 
 
女性からしたらたかだかオナニーと思うかもしれないが、男にとって射精の誘惑はとてつもないほど強力で、数日オナニーしないだけで地獄のような苦しみを味わうのである。
 
ましてやムササビにとっては至高の時間であったのだから・・・。
 
オナ禁する上では断固たる決意で臨まねばなければ、すぐにオナニーの誘惑に負けてしまう。
 

f:id:musasabiz:20170327221459j:plain

 
 
ムササビは所属しているナンパコミュニティでオナ禁についてヒアリングを行った。
 
オナ禁実践者は数名いた。
 
その全員がオナ禁によるメリットを語ってくれた。
 
それらの言葉に重みがあったのは、実際に彼ら全員例外なくナンパでそれなりに成果を出していたことだ。
 
(ちなみに、そのうちの1人はサウザー氏と実際に会ってオナ禁について語り合ったことがあったとのことw)
 
 
信頼できる人たちがここまでオナ禁のメリットを語るのであれば、ナンパで結果を出す上でも、これはやるしかねえだろう・・・!!
 
 

f:id:musasabiz:20170327221513j:plain

 
 
 
 
ここにムササビは誓う・・・・
 
一生涯オナニーをしないと・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・多分w
 

#0157 ナンパ師におけるダイエットについて②

ムササビが実践しているダイエット=食事法のベースとなるのは、

 
8時間ダイエット(=16時間ダイエット)+バターコーヒーである。
 
 
8時間ダイエットについてはテレビなどでも大分取り上げられているので、多くの方がご存知だと思う。
 
知らない人のために紹介しておこう。
 
非常に簡単である。
 
一日の内8時間の間だけ食事を摂って、それ以外の16時間は何も食べず水分だけ摂るというダイエットである。
 
16時間のプチファスティング(=プチ断食)によって消化器官をゆっくりと休ませることができ、胃腸が健康状態になることにより太りにくくなるのである。
 
 
今ある程度太っている人がいれば1週間でも実践してもらえれば、すぐにダイエット効果を実感できるはずである。
 
8時間の間は何を食べてもよいので、他のダイエットに比べると気持ちが楽なのがミソである。
 
ただし、16時間のプチファスティング後の反動で8時間の間にドカ食いしてしまうと、胃腸にダメージを与えてしまうので効果が限定的になってしまう懸念はある。
 
 
そこをカバーするのがバターコーヒーである。
 
バターコーヒーについては前回エントリで紹介した「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」の受け売りで、コーヒーにグラスフェッドのバター(大さじ一杯程度)とMCTオイル(大さじ一杯程度)を混ぜたものだ。
 
16時間のプチファスティング期間中にこのバターコーヒーを飲むことにより空腹感が和らぎ、プチファスティング後にドカ食いすることはなくなるのだ。
 
バターコーヒーは腹持ちが良いだけでなく、良質なバターに含まれる不飽和脂肪酸の効果によって中性脂肪や悪玉コレステロールといった「デブの源」を減らす作用があるとのこと。
 
 
さて、8時間ダイエット(=16時間ダイエット)+バターコーヒーのタイムスケジュールのモデルとしては以下のようなものになるかと思う。
 
朝7時 バターコーヒーを飲む
昼12時 昼食
夜7時  夕食
 
一般的なサラリーマンの場合、夜7時に食事は厳しいこともあるだろう。
 
ムササビ的にはプチファスティングの時間は厳密に16時間にはこだわる必要はないと考えている。
 
実際、ムササビのプチファスティングの時間は平均すると14~15時間だが十分効果は出ている。
 
 
8時間ダイエット+バターコーヒーを是非とも実践してもらいたい。
 
次回エントリでは、食事についてもっと掘り下げる。
 
 
 

【参考:バターコーヒーに必要なもの】

 
1.グラフフェッドのバター(無塩バター)
 
バターコーヒーの核となるものである。
 
そこらへんの安物のバターは使ってしまうと逆効果となってしまうので、間違っても代用しないこと。
 
定番はAmazonで注文できる下記商品である。
 
 
 
グラフフェッドバターは少々値が張るので、ムササビは安く上げるために↓の方を買っている。
 
 
 
5Kgという大容量のため、コスパが非常に良いのだ。
 
ただし、小分けにして冷凍庫に保管する必要がある
 
その小分けするのが結構大変なのと冷凍庫が長期間に渡って占拠されてしまうのが難点である。
 
 
2.MCTオイル
 
中鎖脂肪酸が含まれているため、MCTオイルも混ぜるとバターコーヒーの効果が倍増する。
 
 
 
3.コーヒー
 
インスタントコーヒーは不可。
 
最低限、ドリップコーヒーにしてもらいたい。
 
 
 
ちなみに、ムササビはコーヒーマニアなので、コーヒーミルを使っている。
 
 
 
スターバックスの豆などを使って自宅でスタバの気分を味わっている。
 
 
 
4.ミキサーシェーカー
 
コーヒーにバターとMCTオイルをかき混ぜるのに使う。
 
スプーンでかき混ぜたらと思うかもしれないけど、それではダメである。きちんとバターやオイルを溶かすことでミセルという状態に分解され、脂肪をエネルギーに変換するようになるのだ。
 
 
 

#0156 逃げ恥系女子との戦い(後編)

前回の続き。
 
逃げ恥系女子との2回目アポ。
 
今度は後ろの時間を伸ばすため、自宅最寄り駅ではないところとなった。
 
1店目の居酒屋では前回に引き続き、彼女の好きなドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」を使って、彼女ーヒロインの森山みくり、オレー相手の津崎平匡という構図を潜在意識に埋め込む。ただし、超草食系の津崎平匡と違ってオレは肉食系だということは留意させておく。
 
さらに最近感銘を受けた恋達氏の深い話を実験的に使ってみた。
 

http://rentatu.jp/www/puatsl-limit/

 
まあ、反応はまずまずといったところか。
 
1時間過ぎて頃合いだろう。
 
店を出て、恋ダンス踊ろうとカラオケへ行こうと行ってホテルへ誘導する。
 
ホテル前で彼女が固まる。
 
 
彼女「えっえっえっえっえっえっ・・・・いや、ないないない・・・・」
 
 
ムササビ「え?何がないのwカラオケするだけだって、もしかして変なこと考えてるw」
 
 
彼女「付き合ってもない人とホテルは無理です・・・」
 
 
ムササビ「だから、カラオケだってw」
 
 
彼女「ムササビさんってまさかのチャラ男だったんですか??いつもそうやってペアーズで知り合った子とホテル行くんですか?」
 
 
ムササビ「は?一体どうしたん?w」
 
 
拒否反応が強いと見て、余裕ぶった態度は壊さずに、何か変な勘違いされてるからじゃあやめとこうと、ホテルから離れた。
 
うーん、こっからどう切り返すかと頭をフル回転させながら、とりあえず駅の方へ向かった。
 
その途中彼女がいろいろと聞いてきたので、前の彼女とも付き合う前にホテルへ行ってそこから付き合ったこと(これは事前にも暗示しておいた)、ヤリ目じゃないこと→つうか身体だけとかキモいと思ってること、もっと彼女と仲良くなりたいと思っていることなどを伝えた。
 
その上で恋愛経験の少ない彼女自身のことを考えて、まだ早いと思っているなら別に今日は帰ろうかと大人の態度を見せた。
 
すると彼女は駅に着いても帰りたがらなかった。
 
これは逆転の目があるかと、とりあえずカフェへ向かった。
 
 
そこで再び恋達氏の深い話のかんじを参考に、彼女の意見を尊重しつつ熱く持論を展開した。
 
彼女は十分に感銘を受けていたが、やはり付き合う前にそういうことはできないといった考えを覆すにはいたらなかった。
 
とりあえず、カフェに出て、今度は一点してふざけながらギラつこうとすると、彼女も満更ではない様子。
 
しかし・・・、やはりホテルは無理とのこと・・・。

 

 
その後のLINEでも食い付きはあったが、恐らくきちんとした手順(付き合う)を踏まないと無理と判断。
 
無念だが、放流の決断に至った。。。
 
 
ペアーズ復帰後3連敗。
 
戦略の見直しが求められている。
 
 

#0155 逃げ恥系女子との戦い(前編)

ペアーズ復帰3戦目。
 
相手のいいね数は300弱。
 
待ち合わせ場所で会うと・・・おお、写真通り!
 
全体的な印象が暗く歯並びはやや悪いが、美形。
 
個人的には好みで、スト6.5といったところか。
 
 
居酒屋にて、人見知りのようで打ち解けたかんじがなかなか出てこない。
 
話を聞くと、31歳になるというのにかなり恋愛経験が少ないとのこと。
 
ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が好きな彼女だが、ドラマの主人公の森山みくり津崎平匡同様、恋愛偏差値は低いようだ。
 
このピュアなかんじもいい、普通に抱きたい!
 
 
とりあえず警戒心が強いので徐々に外堀を埋めるかんじでトークを回す。
 
まあまあ、警戒心が解けたところで店を変えることにした。
 
少し冒険になるが、家連れをトライしてみるかと思ったが・・・、彼女はお酒はあまり飲まないし、スイーツもいらないという。
 
家連れの理由に使うシャンパンやスイーツが使えない。
 
あまりカラオケに行かない彼女だが、思い切ってカラオケに連れていくことにした。
 
 
これが成功した。
 
最初の1曲目は、もちろん星野源「恋」
 
彼女のテンションも上がる。
 
 
その後、別の曲で歌詞に合わせて手を握ったり抱き寄せたりなどボディタッチを深めていくが嫌がらない。IoIは確認できた。
 
終了時に抱き寄せてキス。ノーグダだった。
 
 
さて、この後はいつもの流れであれば自宅なのだが、彼女の自宅は遠く、次の日は普通に仕事だったので帰すことにした。
 
(これがナンパ師としてムササビの甘いところなのだが、、、)
 
別日のアポへ持ち越しとなった。