軟派黙示録ムササビ

持たざるものの因果律への反撃

№0005 地蔵脱出へ

 さて、ナンパの話題。

 

俺はナンパ講習を受けた後、1人でナンパを始めたが、徐々に声がけできなくなり、ついには完全な「地蔵」状態となった。

 

ナンパ用語の地蔵とは、ナンパ初心者、ナンパを始めたての人によく見られる現象で、 ナンパしに街にでても、女性に声を掛けることができないことをいう。 声掛けもせずに街にずっと立っていることから地蔵 という。

 

地蔵から脱出するため、俺はナンパコミュニティに参加し、ナンパ仲間に合流しナンパに赴くことにした。これが4月22日。

 

某繁華街で2人のナンパ仲間と合流。先輩らに「指名」してもらうことで、俺はナンパに対する抵抗心を徐々に無くしていった。

 

ナンパ用語の指名とは、ナンパ仲間にナンパするターゲットを指名してもらうことで、強制的に声がけする雰囲気をつくってもらうことを言う。地蔵を脱出するには有効な手段の1つ。

 

ついには仲間と離れて1人で声がけできるようになっていた。

 

結局その日は2時間半で20人くらいに声がけすることができた。最後には俺にとっては高嶺の花であるスト7-8クラスの女性とラインを交換することができた。(ちなみに今日までラインは続いている)

 

その後は今日まで1人で、23日は時間は40分で2人声がけ(坊主)できたが、24日は40分で地蔵(at S谷)となり心配したが、25日は1時間半で2人声がけ(坊主)することができた。どうやら地蔵はほぼ脱出できそうな見込みだ。

※坊主・・・一回のナンパ活動で何一つ成果(番号伝える、番号ゲット、連れ出し等)を残せなかったこと

結果はともかくやっとスタートラインに立てたかな。まずは一安心。