読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAKE DRAGON

金と女と人生を語ります

№0103 奥義「無刀陣」誕生の瞬間

JDアポを控えた前日、銀座でストを行っていた。


この日、俺は今後の俺ドラフトの目玉となるであろう予感を漂わせる、高校野球で言えば早実の「清宮くん」級クラスの美女から番ゲに成功する(詳細は後日)。

 

f:id:musasabiz:20150905203623j:plain


しかし、その後の声かけ状況は芳しくなく、街にスト師があふれてきた状況を見て、このまま銀座でストってても結果を出すのは難しいと判断した。


そこで俺は攻略中の案件に電話をかけることとした。


その子は1ヶ月前くらいに新宿で連れ出した子だった。

 


-----------------------------------------------


1ヶ月前。


池袋で友達と飲んだ後、新宿に出て仲間と合流しストを開始した。


そこで1人の女の子に声をかける。


声かけた当初の反応は非常に薄かった。


俺がボケをかましたり、その子をイジったりしても、力ない様子で「・・・うん」とか頷くだけだった。


拒否る素振りは見せなかったものの、病的な雰囲気に怪しさを感じた俺は、


あんまりつけ回すとストーカーなっちゃうよな。飲みに行こうかなと思って声かけたけど、その気無さそうだから行くわ


と自分から切り上げようとした。


すると、向こうから


・・・え、いいよ。・・・飲み行こう


と力ない様子に変化はないままで乗っかってきた。


・・・私の行きつけの店があるから、そこ行こう


と彼女は言ったので、彼女についていった。


しばらくすると、地下の店に辿り着いた。


入り口の外には店員が立っていて、彼女のテンションが急に高くなって店員と和やかに会話を始めた。


そして彼女が言うにはちょっと小用があるから、この店で飲んで待っててとのことだった。

 


やばい、ボッタクリバーのキャッチか?

 


ビビって俺は逃げようとした。


その様子を見て店員は、


いやいやw、うちは怪しい店じゃないですよ。ALL500円の普通の店です


と爽やかな笑顔で言われた。


確かにその店員はいかにもカタギの人だし、店構えもいたって普通だった。


とりあえず、店に入って見ることにした。


店内もごくごく普通のワンコインバーだった。


中には合コンの2次会だろうか、男女がワイワイやっているテーブルもあった。


そこで彼女を待つこと15分くらいだろうか、少し焦れてきたところで、ようやく彼女が戻ってきた。


それから彼女と話したが、そこそこ盛り上がることができた。


話の中で分かった彼女のパーソナリティとしては・・・、

 


*新宿付近で1人暮らしをしている


*超夜型の生活


*仕事については何をしているか語らない


*彼氏はいない

 


ということだった。


ちなみに彼女はデニムのジャケットを脱ぐと、下はベアトップで怪しげなエロスが漂っていた。


その雰囲気と彼女の話から考えて、恐らく彼女は“風の民”なんだろうなと推測した。


そうこうするうちに終電の時間が迫ってきていた。


新宿に住んでいる彼女はこのままこの店で飲むとのことだった。


終電を諦めてセクトラを狙うことも考えたが、そこまで仕上がってないと判断し、この日は切り上げることとした。


その日の後、俺は彼女に何度か電話した。


彼女は不定期で仕事が入ってくるようなので、LINEでメッセージを送って予定だててアポるよりも、電話でその日にアポった方がよさそうだったからだ。


彼女からも電話がかかってくることもあったが、なかなかお互いの都合が合わず、アポれない状況が続いていた。


-----------------------------------------------

 


さて、話を戻そう。


その彼女に電話をしたところ、2時間くらいまでなら会えるということで、ついに緊急アポが成立した。

 

【今回のお相手:風の民子】

f:id:musasabiz:20150905204238j:plain

スト値 :7弱
年齢  :30歳
職業  :不明(風の民?)
雰囲気 :夜職風、金髪、エロい
性格  :ボーっとしてることが多い。テンション低め

 


彼女は高い店など連れていかなくてよいタイプと判断。


そこらへんの安居酒屋に入った。


席と席の感覚が狭く、周りが異常にうるさかったため、大声で話さなければならない環境であった。


1ヶ月ぶりに会ったので、まずは彼女にジャブをかましながら、俺はどう進めていこうか考えていた。


彼女はこの前会った時よりエロい格好だった。


その姿を見ていると、最近性欲が活発化していた俺は彼女に触りたい衝動に襲われた。


下半身の“剣”がいまにも雄叫びを上げようとしているのを必死で抑えた。


Cフェーズも進んでいない状況で性的アプローチをかましたら、直近2件のアポのように終わってしまうだろう。

 


前日のIOI実験を思い出した。

№0102 IOI - 軟派黙示録ムササビ


そうだ、彼女からのIOIが感じられなければ、手を出すべきではない。


まずは粛々とCフェーズを進めるべきなのだ。

 


ふと、天啓のようなものが閃いた。

 

 

“ギラ”行為はナンパ師にとってクロージング手段だと考えられているが、ギラつかずともゲットに至る道があるんじゃないか?

 


それは思いつきに過ぎず、何の根拠もなかった。


しかし、俺はその一筋の光明に賭けてみることにした。


俺は気を鎮めことに集中し、下半身の“剣”を収めた。

 

 

f:id:musasabiz:20150905204340j:plain

 

f:id:musasabiz:20150905204350j:plain

f:id:musasabiz:20150905204402j:plain

 

 

 

ナンパ師がギラを捨て去る・・・

 

 

パラドックスの果てに辿り着いた道・・・

 


ムササビ流軟派術奥義「無刀陣」が産声を上げた瞬間だった。

 

 

(次回へ続く)

 

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ナンパあんてな