軟派黙示録ムササビ

持たざるものの因果律への反撃

#0149 パーティー案件とのアポ

昨年夏に恋愛工学系のPUA達が主催している出会い系のパーティーに誘われたので花京院とともに参加した。
 
値段も高くなく、女子たちの質も悪くない良心的なイベントであった。
 
俺はそこで19歳の子と知り合い、アポって惨敗を喫した。
 
それから昨年の年の瀬になってから、逆アポに近い形でもう1人の子とのアポが決まった。
 
つまり、そのイベントで都合2アポ生まれたわけなのでコスパがかなり高かったといえる。
 
 
今回話すのはそのもう1人の子とのアポ。
 
その子とはパーティーの終わり際に話しかけたので、パーティー後に別の店に連れ出した2人組のうちの1人だった。
 
そのとき彼女は悪酔いしてたのか、タカビーだったり態度が悪かったのでさっさと放流した。
 
その次の日彼女から謝罪のLINEが来た。
 
どうやら少し食い付きがある。俺は戦略抜きで単に頭にきて彼女に対してディスり返していたのだが、逆にそれが少し刺さっていたようだった。
 
そこからやり取りをするようになって、日程の折り合いがなかなかつかなかったのだが、ようやく数カ月後にアポが成立する運びとなった。
 
 
さて、アポ当日。
 
久々に会ってみると・・・思ってたよりスト値が低かった。
 
スト4.5といったところか。
 
その子は30代半ばなのだが、20代とは違い、その年のスト5というのは俺的にかなりキツイ。
 
一気にやる気がなくなった。
 
幸いランチだったので適当に食べて放流しようと思ったら、食べた後も帰りたがらない。
どうやら食い付きがあるようなので、それならば即を狙ってみると、手をつないでみるとノーグダだった。
 
さすがにこのまま自宅は早いと判断し、ウィンドウショッピングを挟むことにした。
 
それも終わって飲みに行こう(=自宅)と打診すると、まだブラブラしたいと言い出す。
 
結局そこそこ遠い公園へ歩いて行くことになった。
ムササビは公園へ着いた時点で結構へばってしまったのだが、彼女はピンピンしてた。
 
公園のベンチで雰囲気作ろうかと思ったのに、全く座りたがらない。
 
公園出るタイミングで自宅を打診すると・・・、
 
あーっ、結局それ目的なんだ~ショックだわ」と言われてしまう始末。
 
その後「いやいや単に落ち着いて飲みたいだけだよ」→「初回で自宅はないわ」→「回数とか関係あるの。じゃあ2回目だったらいいの?」→「あー、それ友達が言ってたけど、そういう発言するやつはチャラいから要注意だって」などという言い合いになってしまった。
 
完全に雰囲気が悪くなってしまったので、全く違う話を強引にぶち込むことで一回雰囲気をリセットした。
 
すると彼女は機嫌を取り戻し、家はいいから飲み行こうよと言い出してきたのだが、俺は面倒くさくなって放流した。
 
その後食い付きあるLINEがきたが、当然次会うことはないだろう。
 

【反省点】
⇒夜の照明での印象かつ自分が酔っ払ってるときの判断は当てにならない。スト値は割り引いて考えるべき
 
⇒相手の意に沿って公園に行くべきではなかった。断固たる意思で自宅へ誘導すべきだった
 
⇒ヘバッていて思考能力が失われていたのもあってグダ崩しが下手過ぎた。もう少しスマートに切り返すべきだった