狂戦士ムササビ

持たざるものの因果律への反撃

#0154 誠実系声かけの限界

すみません、先ほどお見かけしてすごい素敵な方だなって。普段はこんなことしないんですけど・・・今話しかけないと絶対後悔すると思って・・・
 
 
誠実系と言われる声かけの例である。
さすがに、ここまでコテコテなものはないかな?w
 
誠実系声かけとは平たく言えば誠実を装って声をかけることである。
ポイントは3点。
 
 
①普段はナンパなんかしない体を装う
 
②礼儀正しい大人な態度で接する
 
③好意をストレートに伝える
 
 
トーク力を必要としないので、ナンパ初心者が最も入りやすいスタイルである。
 
しかし、上を目指すには限界があると感じる。
 
実際、オレが所属するナンパコミュニティの1つは、みな誠実系声かけスタイルからスタートしているのだが、ほとんどの人は途中から誠実系から外れていく。
 
 
では、誠実系の限界とは何か?
 
先ほどあげた観点から述べたい。
 
 
①普段はナンパなんかしない体を装う
 
⇒声かけの数を重なれば重ねていくほどナンパしてる感が当然出てくるので、よほどの演技力がないと嘘くさくなってしまう。
 
 
②礼儀正しい大人な態度
 
⇒身体を重ねるほどの親密な関係というゴールを目指すのに、そこから最も遠いタテマエの関係からスタートするのはいかがなものか。人間関係というのは段階を踏んでいかなかればならないので、スタートが遠いほどそこからのステップアップは大変なものとなる。
 
 
③好意をストレートに伝える
 
⇒最も弊害を生むのがこれ。THE GAMEや恋愛工学で指摘されているとおり、IoIをこちらから示すことは相手を優位に立たせてしまうことになる。さらに、モテる女性は多くの男性から好意を示されているので、単に好意を示すだけではそれらの男性と一緒くたにされてしまいうんざりされてしまう。
 
 
以上、誠実系声かけの限界について述べてきたが、みなさんはどう思っただろうか?
 
※ただし、誠実系声かけで結果を出せる人も稀にいることも事実だ。そういう人はものすごいイケメンだったり、あるいは演技力や作話技術がものすごかったりする。
 
ところで、誠実系と言われるが、実際には誠実を装っている時点で一番クズだと思うw
清純派のAV女優みたいな違和感があるwww