軟派黙示録ムササビ

持たざるものの因果律への反撃

#0157 ナンパ師におけるダイエットについて②

ムササビが実践しているダイエット=食事法のベースとなるのは、

 
8時間ダイエット(=16時間ダイエット)+バターコーヒーである。
 
 
8時間ダイエットについてはテレビなどでも大分取り上げられているので、多くの方がご存知だと思う。
 
知らない人のために紹介しておこう。
 
非常に簡単である。
 
一日の内8時間の間だけ食事を摂って、それ以外の16時間は何も食べず水分だけ摂るというダイエットである。
 
16時間のプチファスティング(=プチ断食)によって消化器官をゆっくりと休ませることができ、胃腸が健康状態になることにより太りにくくなるのである。
 
 
今ある程度太っている人がいれば1週間でも実践してもらえれば、すぐにダイエット効果を実感できるはずである。
 
8時間の間は何を食べてもよいので、他のダイエットに比べると気持ちが楽なのがミソである。
 
ただし、16時間のプチファスティング後の反動で8時間の間にドカ食いしてしまうと、胃腸にダメージを与えてしまうので効果が限定的になってしまう懸念はある。
 
 
そこをカバーするのがバターコーヒーである。
 
バターコーヒーについては前回エントリで紹介した「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」の受け売りで、コーヒーにグラスフェッドのバター(大さじ一杯程度)とMCTオイル(大さじ一杯程度)を混ぜたものだ。
 
16時間のプチファスティング期間中にこのバターコーヒーを飲むことにより空腹感が和らぎ、プチファスティング後にドカ食いすることはなくなるのだ。
 
バターコーヒーは腹持ちが良いだけでなく、良質なバターに含まれる不飽和脂肪酸の効果によって中性脂肪や悪玉コレステロールといった「デブの源」を減らす作用があるとのこと。
 
 
さて、8時間ダイエット(=16時間ダイエット)+バターコーヒーのタイムスケジュールのモデルとしては以下のようなものになるかと思う。
 
朝7時 バターコーヒーを飲む
昼12時 昼食
夜7時  夕食
 
一般的なサラリーマンの場合、夜7時に食事は厳しいこともあるだろう。
 
ムササビ的にはプチファスティングの時間は厳密に16時間にはこだわる必要はないと考えている。
 
実際、ムササビのプチファスティングの時間は平均すると14~15時間だが十分効果は出ている。
 
 
8時間ダイエット+バターコーヒーを是非とも実践してもらいたい。
 
次回エントリでは、食事についてもっと掘り下げる。
 
 
 

【参考:バターコーヒーに必要なもの】

 
1.グラフフェッドのバター(無塩バター)
 
バターコーヒーの核となるものである。
 
そこらへんの安物のバターは使ってしまうと逆効果となってしまうので、間違っても代用しないこと。
 
定番はAmazonで注文できる下記商品である。
 
 
 
グラフフェッドバターは少々値が張るので、ムササビは安く上げるために↓の方を買っている。
 
 
 
5Kgという大容量のため、コスパが非常に良いのだ。
 
ただし、小分けにして冷凍庫に保管する必要がある
 
その小分けするのが結構大変なのと冷凍庫が長期間に渡って占拠されてしまうのが難点である。
 
 
2.MCTオイル
 
中鎖脂肪酸が含まれているため、MCTオイルも混ぜるとバターコーヒーの効果が倍増する。
 
 
 
3.コーヒー
 
インスタントコーヒーは不可。
 
最低限、ドリップコーヒーにしてもらいたい。
 
 
 
ちなみに、ムササビはコーヒーマニアなので、コーヒーミルを使っている。
 
 
 
スターバックスの豆などを使って自宅でスタバの気分を味わっている。
 
 
 
4.ミキサーシェーカー
 
コーヒーにバターとMCTオイルをかき混ぜるのに使う。
 
スプーンでかき混ぜたらと思うかもしれないけど、それではダメである。きちんとバターやオイルを溶かすことでミセルという状態に分解され、脂肪をエネルギーに変換するようになるのだ。