軟派黙示録ムササビ

持たざるものの因果律への反撃

#0174 LINEの魔法~この魔法を手にしたものは必ず成功する~

 

「LINEは事務的な連絡でよい。」

 

「LINE?んなもん、テキトーでいい」

 

「LINEでの加点はない。減点しないことだけを心がけよ。」

 

凄腕ナンパ師たちのお言葉である。

彼らは往々にしてLINEメンテフェーズを重視しない。

※ストリート等でLゲもしくは連れ出し後に健全解散してLゲした後に、LINEでアポ取り付けするプロセスをLINEメンテとする。

 

ところが、我々ショボ腕がこの言葉を鵜呑みにして事務的なLINEでアポを取り付けようとすると、すぐに死番化してしまうことが多い。

 

原因はハッキリしている。

それは声かけ時点での女子の食いつきの度合いが違うからだ。

凄腕(モテ男)の人たちは声かけ(連れ出し)時に相手を十分に魅了しているので、どんなLINEを送っても釣れ放題の状態になっている。

一方、我々のようなショボ腕(非モテ)の場合、声かけ(連れ出し)時に相手を十分に魅了できていない。

だから、テキトーなLINEを送ってしまうと、即死番化してしまう。

 

凄腕とショボ腕ではLゲ時点での女子の状態が違うわけで、冒頭の凄腕の言葉を鵜呑みにしてはダメなのだ。

ショボ腕はLINEメンテフェーズを決して軽視してはいけないのだ。

 

※凄腕がLINEメンテフェーズを軽視しがちなのは、だいたい当日に即っているということもあるだろうし、あるいは腐るほど番ゲしているので、1つ1つの案件のLINEメンテなどに構ってられないという事情もあるだろう。

 

オレは昔からメールのやり取りが苦痛に感じるほど苦手だったので、ナンパ始めた頃はLINEメンテフェーズで取りこぼすことが多かった。

しかし、昨年グリフィス(当時の師匠)の指示のもと、ネトナンノックを行い、半年足らずで数十人以上の女性とメッセージのやり取りをすることとなった。

最初は面倒くさく仕方がなかったが、凄まじいほどの数をこなすことによって、女性とメッセージのやり取りを行う上でのコツのようなものが見えてきた。

 

最近、その成果を実感できたことがあった。

相方の花京院と何度かコリドーに出撃したことがあったのだが、全く坊主の日もあったが、合計としては3組のコンビを連れ出すことができた。

その3組はコンビはどちらも可愛いくて、JDギャルこのエントリの子)、某ITベンチャー広報元国際線CAなど、コリドーではあまりお目にかかれないスト高たちだった(いや、マジで)。

謙遜するわけではなく事実としてオレや花京院はどちらもショボ腕なので、連れ出すことができたのは単にラッキーが続いただけだと思う。

肝心なのはその先だ。

オレは後日各コンビの片割れ3人とそれぞれアポることができたのだ。

(花京院は誰ともアポれなかったw)

コリドーのことを知らない人はだからどうしたというかもしれないが、奢り目的や物見遊山の多いコリドーでは死番率は非常に高い。

スト高相手ならなおさらその確率は高まる。

 

アポることができたのはオレのLINEメンテの技術によるところが大きいと考えている。

なぜなら、アポった相手はいずれも花京院担当の子たちだったからだ。

※担当・・・コンビでの戦い方として、連れ出した後に男対女、男対女にセパる(セパレートする)のが常道である。そのときの相手の女子を担当と言う

LINE交換した時点ではほとんど和めていなかったわけで、それでもアポを取り付けることができたということが、その後のLINEメンテフェーズで上手く和めたことの証拠と言えるだろう。

※ちなみに、あえて花京院担当の子を狙ったわけではなく、自分担当と花京院担当と両方とやり取りしていたら結果的にそうなった。自分担当とアポれていないのは連れ出し時の振る舞いに問題があったということで、それはそれで反省点であるw

 

さて、ではここからそのLINEメンテの技術を公開したいと思う。

オレはこのLINEメンテの技術を「LINEの魔法」と呼んでいる(ダサいって言うんじゃねえww)。

最大のポイントは、冒頭で述べた話にもリンクするが「相手の食いつき度をきちんと推し量ること」である。

これを意識してやり取りをすることによってLINEメンテフェーズでのアポ成約度が格段に変わってくるのだ。

 

まず、冒頭で述べたように、我々はLINEメンテフェーズの段階では、凄腕とは違い、相手を十分に魅了できていないことがほとんどだ。

相手を十分に魅了できている場合が食いつき度レベル2の段階「◯◯くんってなんか危険な香りはするけど、それ以上にかっこいいし面白い!また会いたい!!」という状態であるとする。

それに対して相手を十分に魅了できていない場合は食いつき度レベル1の段階「◯◯くんって少し気になるけど、よく分からないからまた会うのは不安」という状態である。

冷静に考えてほしい。

興味≦警戒心という状態でアポれるはずがないというのは理解できるはずだ。それなのに我々は相手の状態を考えようともせずにアポを取り付けようとしてしまうから即死番化してしまうのだ。

ちなみに、女子の警戒心の正体を明らかにしておくと、主にはヤリ捨てられるリスク非モテとの接触リスクへの恐怖心があげられる。

前者については説明不要だろうが、後者についてはサウザー氏のブログに詳しいが、簡単に言ってしまうと女性は非モテに近寄られるのを避けたいという強い本能があるのだ。

我々も容姿の美しくない女性やメンヘラにまとわりつかれるのはストレスを感じると思うが、女性が非モテにまとわりつかれるストレスというのはそれ以上というか本能レベルの危機感を感じてしまうようだ。

話を戻す。

相手の食いつき度がレベル1の段階の場合はアポをいきなり取り付けようとしてはダメだ。

ではどうするか。

レベル1だからダメなわけで、LINEメンテによって女子の食いつき度を上げるというプロセスを経てからアポを取り付ければよい。

食いつき度を上げるといっても、LINEメンテだけでいきなりレベル2にあげようとするのは、俗に言う「LINEで仕上げる」ってやつだが、これにはよほどの技術が必要である。

我々ショボ腕が下手にやろうとしても、火傷して終わるのが関の山だ。

我々はレベル2ではなく、食いつき度レベル1.5の段階「◯◯くんって少し気になる、怪しいやつでも非モテでもなさそうだし会ってもいいかも」を目指すべきなのである。

これであれば、特殊な技術は必要ない。

要はアポ成約の阻害要因となっているものを取り除くことだ。

つまり、ヤリ捨てしないヤツでないことと、非モテでないことを証明すればよいのだ。

 

さてさて、徐々にLINEメンテフェーズの重要性が徐々に分かってきたんではないだろうか。

では、これから「LINEの魔法」の具体的な内容について述べる。

・・・この魔法を手にしたものは必ず成功すると言われている・・・

 

 

この先は下記リンクのnoteを参照してもらいたい(笑)

 

note.mu

  

 

 

【悲報】ムササビがついに商売に走る

 

 

 

 


 

f:id:musasabiz:20170610214621j:plain

  


 

 

凄腕とショボ腕では前提条件が違う。

 

ショボ腕が凄腕の言葉を鵜呑みにしてはダメだ。

 

ショボ腕はLINEメンテフェーズを決して軽視してはいけないのだ。

 

相手の状態を考えようともせずにアポを取り付けようとしてしまうから即死番化してしまう。

 

まずは、LINEメンテフェーズを通して、ヤリ捨てしないヤツでないことと、非モテでないことを女子に証明しなければならない。

 

 

 

f:id:musasabiz:20170813100150j:plain

 

 

 ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

にほんブログ村